薬剤師キャリアアップの年齢について

薬剤師のキャリアアップの年齢について

薬剤師のキャリアアップにおいて、転職することで職場環境を変えるというのも一つの有効な方法です。調剤薬局での勤務においては、取り扱う処方箋の種類が限定されていることが多く、他の種類の処方箋を取り扱っている調剤薬局に転職をすることでスキルアップにもつながります。また、製薬会社での開発経験を生かして、食品会社や化粧品メーカーの商品開発部門に転職するケースもありますし、大手病院の調剤室の管理薬剤師から中小規模の病院の薬剤部長に転職するなど、国家資格である薬剤師が求められるポストや業界は、実にさまざまあります。

薬剤師の資格を取るには、6年制の薬学部を卒業した後に国家資格試験に合格しなければなりません。そのため、薬剤師として社会で働き始めるのが25歳以降となります。一般的な新卒者が社会人になるのに比べて数年遅れますが、それに見合うだけの好条件が用意されている職場が多く、薬剤師の働ける職場は日本全国に広がっていますので、しばらくするとキャリアアップへの興味が生じてくる人も少なくないようです。

20代後半と言うと、薬剤師として働き始めて数年程度ですので、ある程度基本的な仕事の進め方をマスターしていれば、転職先に困ることはないと言っていいでしょう。独自の業務ワークフローや仕事の進め方を採用している大手の病院などでは、新人向けの教育システムや研修制度が整備されていますので、自分のキャリアをアップさせるためにとても適した職場です。当然ながらライバルも多くなりますので、大手病院への転職を考えている人は、今の職場でできることを最大限行い、基本的な医薬品についての知識を蓄えておくようにしましょう。

30代の薬剤師は、いわば中堅世代です。管理薬剤師や薬局長を任されている人も少なくないため、それらのポスト経験を生かしてドラッグストアの店長や製薬会社での開発部門リーダー、大手病院の薬剤部長などを目指す人が多いようです。企業側も本人のキャリアや熱意はもちろんのこと、経験と体力のバランスの取れたこの年代への期待が大きくなっており、キャリアアップを狙うにはふさわしい年代と言えます。

40代〜50代の薬剤師となると、管理職をはじめとした経営層でのキャリアが重視されます。薬局長やドラッグストアの店長など、それぞれの拠点の責任者として勤務している人が多く、本社・本部へと移籍して経営企画などに携わる人が増えます。転職に際しては、実績がより重視されますので、これまでのキャリアを十分にアピールできるよう準備しておきましょう。

<年代別の薬剤師キャリアアップ情報>
20代後半
30代
40代
50代

薬剤師のキャリアアップ転職なら、このエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式ページへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式ページへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式ページへ