薬剤師の30代でのキャリアアップについて

30代薬剤師のキャリアアップ

薬剤師の30代と言えば、ようやく自分なりの仕事の進め方も定まってきて余裕が生まれる時期です。手元の仕事から目線を上げることができるようにもなりますので、将来自分がどういう風に薬剤師として働いていきたいのかという、より根源的なテーマと向き合えるようになる時期でもあります。相対的に若い世代にも分類されますので、ある程度の経験の蓄積、キャリアがあるうえに、今後新しいことに対応できるだけの十分な時間と体力もあるため、企業側としても30代のキャリアアップの転職を好ましく考えている傾向にあります。

ですので、30代の薬剤師のキャリアアップで一番大切なものは、自分が何をしていきたいか、ということに尽きます。いろいろな可能性が開かれていますので、その時々の気まぐれに流されて転職を続けてしまうと、40代、50代になった時に苦労することにもなりかねません。一生の仕事を見つけることが必須ではありませんが、その時のベストな選択ができるよう、自分のことを客観的に見つめ直す必要があるでしょう。

30代の薬剤師のキャリアアップのための転職先としては、調剤薬局や病院だけでなく、製薬会社などの企業もお勧めです。製薬会社で薬剤師の行うポストには、研究職や品質管理などの業務や、MRやCRAなどの外勤の業務も含まれます。内勤・外勤での働き方は当然異なりますので、自分に向いた働き方がどちらなのかを考えてみるといいでしょう。薬剤師としての知識や経験を生かしながらいろいろな人と出会いたい、という人であればMRやCRAがお勧めですし、より人の役に立てる新薬を開発していきたいという熱意に燃える人であれば、研究職を選ぶことになるでしょう。ただし、製薬会社によって得意としている医薬品のジャンルが異なりますので、転職試験を受ける前に、あらかじめ細かくリサーチをしておきましょう。

薬剤師の経験を生かすだけでなく、より経営的なスキルを磨いてみたいと考えている人には、ドラッグストアへの転職を検討してみることをお勧めします。調剤薬局や病院、製薬会社とは異なり、ドラッグストアでは医薬品以外に化粧品や日用品、食品などあらゆるものを販売しています。お客さまと対面して医薬品を販売するOTC業務のスキルアップに繋がることはもちろん、季節ごとの医薬品などの商品の動きや消費動向、本社・本部との経営面におけるコミュニケーション、各種経営指標に基づいた経営の先読みなど、事業を経営する基本的なスキルを学ぶことができます。

薬剤師のキャリアアップ転職なら、このエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式ページへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式ページへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式ページへ