薬剤師の40代でのキャリアアップについて

40代薬剤師のキャリアアップ

一般的に、40代で転職をするというのはなかなか簡単にいくものではありません。企業としても、30代までであればある程度教育を行う時間を用意することができますし、教育後の勤務期間も十分に確保できると考えますが、40代ともなってくると退職までの期間がより短くなることはもちろん、管理職よりも年齢が高い場合も多くなってくるため、若干扱いにくいと敬遠してしまうこともあるようです。働く側にとっても、40代での転職と考えると、いわばこれからずっとその仕事を貫いていかなければならないと、気負ってしまうこともあるでしょう。

しかし、薬剤師の業界において、40代での転職はもっと気軽に、キャリアアップの一つの手段として行うことができます。というのも、調剤薬局や中小の病院における調剤室は、慢性的な人手不足、戦力不足に陥っているからです。これらに共通しているのは、余裕のあるスタッフ構成とする経済的・時間的余裕がないこと、新人教育を十分に行うための人材的・時間的余裕がないこと、などです。つまり、経験豊富な即戦力が常に必要とされており、求人広告などには、どういった手順・作業に関してどの程度の経験を積んでいるのか、具体的な条件が細かく提示されることが少なくありません。

さらに、40代の薬剤師のキャリアアップで求められるのは、経験の豊富さだけではありません。多忙な業務を運営している調剤薬局や調剤室においては、一日あたり何枚の処方箋をさばくことができるのかも重要な指標になります。となると、経験や知識があっても段取りが悪かったり、てきぱきと仕事をすることができなかったりする薬剤師はかえって足手まといになってしまいます。そこで、調剤経験を重視した求人が多くなりますし、管理薬剤師や薬局長の経験者は特に優遇される傾向にあります。

一方、総合病院などの大きな病院ではどうでしょう。これらの施設では、新人に対する研修・教育制度がきちんと整備されていますし、大手であれば、新卒であろうが転職組であろうが、自分たちの病院の仕事の進め方を一から教育したがるものですので、新しい分野での経験を積んでキャリアアップを図りたいと考える40代の薬剤師にとっては、恵まれた環境と言えるでしょう。ただし、新卒の薬剤師との就職競争に加わることになることを頭に入れておくようにしましょう。

このように、40代の薬剤師には、これまでの経験を生かしてさらにステップアップする道や、これまで経験を積んでいない新しいことにチャレンジする道の両方が用意されています。自分を改めて見つめ直すことで、さらに充実した薬剤師ライフを送れるようになるでしょう。

薬剤師のキャリアアップ転職なら、このエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式ページへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式ページへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式ページへ