薬剤師の50代からのキャリアアップについて

50代薬剤師のキャリアアップ

昨今の世界経済の不安定さは、日本の経済事情にも大きな影響を与えています。いわゆるバブルの崩壊から、日本は先の見えない経済不況をゆっくり歩みながら、再び明るい時代を迎えることができるよう、いろいろな重荷を耐えつつ毎日を過ごしていると言ってもいいでしょう。大企業や銀行などと言えども安泰な時代ではありません。企業の買収や倒産のニュースは後を絶たず、高齢サラリーマンを中心にリストラへの不安も広がっています。

そんな明るい話題が見つかりにくい時代にあっても、薬剤師は比較的恵まれていると言われます。国家資格を持っているということもありますし、人が生活をしていく以上、医薬品のお世話にならないわけにはいかないからです。さらに日本は高齢化社会が加速していますので、薬剤師の仕事はまずなくなることはありませんし、ニーズは今後も高まっていくでしょう。

50代の薬剤師のキャリアアップに求められるもの、それは本格的な高齢化社会の到来に備えて、新薬の知識や情報収集などを怠らないこと、日々勉強を続けていくことです。最近は電子カルテを導入する調剤薬局や病院も増えていますので、一般的なコンピュータの操作や電子カルテ用ソフトについての知識など、学ぶことはたくさんあります。

当然ながら患者さんも高齢化が進みますので、処方箋に基づいた調剤業務だけにとどまらず、高齢者福祉施設などでも今後ますます薬剤師のニーズが高まります。これらの施設で働くためには、やはり介護や福祉の分野に関する知識があった方が転職の際に有利です。また、実際に高齢者福祉施設で働くためには、高齢者のケアのノウハウにとどまらず、介護保険など法律についての知識も必要になりますので、時間のある時に勉強をしておくことをお勧めします。

さらに、50代の薬剤師にはチームをまとめるリーダーシップのスキルやコミュニケーション能力、マネジメント能力などが期待されますので、これらのスキルを生かしてリーダー職や部長職など、管理職へとキャリアアップする道も用意されています。

このように、より専門性の高い新しい業界でシニア職として仕事をするのか、今いる環境と代わらない業界において、管理職としてステップアップをするのか、人生の岐路に立っているとも言える50代の薬剤師。迷うのは当然のことですから、薬剤師の業界に精通した転職エージェントのサポートを受けて、より実りのある道を選択するようにしましょう。

薬剤師のキャリアアップ転職なら、このエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式ページへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式ページへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式ページへ