薬剤師の20代後半でのキャリアアップについて

20代後半薬剤師のキャリアアップ

薬剤師になるためには、医師や歯科医師と同じように6年制大学の薬学部を卒業し、薬剤師国家試験をパスする必要があります。順調に進んだとしても、晴れて薬剤師になれるのが25歳。20代半ばにしてようやく社会に出ることができるのです。

そんな薬剤師も20代後半になると、キャリアアップのために転職を考える人が多くなります。調剤薬局での勤務を行っている薬剤師であれば、薬局によって取り扱う処方箋の種類が異なりますので、自分のスキルアップのために新しい分野での調剤が行える調剤薬局への転職を行う場合があります。また、大手チェーンの調剤薬局から個人経営の薬局へと転職することによって、若くして管理薬剤師のポストを獲得して経営層へのステップアップを目指す薬剤師も少なくありません。このように、20代後半の薬剤師の転職にはさまざまな理由があり、しかしいずれも自分にとってのキャリアアップを実現するために行われます。

薬剤師の資格を生かして働く職種には、他にも製薬会社での開発職やMR、食品会社や化粧品会社での研究開発職、などいろいろとあります。20代後半でのキャリアアップと言うと、ほとんどの人が初めての転職活動ということでもありますので、キャリアアップと一言で言ってもいろいろと目移りしてしまって、なかなか一つに絞ることができない、といったケースが少なくありません。そんな時にお勧めなのが、経験豊富な専任コンサルタントが万全のサポートを行ってくれる、転職エージェントを利用することです。

薬剤師の業界は昔から売り手市場として知られていますので、大手の人材コンサルタント企業や人材斡旋サービス業の会社などが、薬剤師専用の転職エージェントをこぞって立ち上げるようになっています。20代後半であれば、まだまだ業界に対する知識や経験も浅く、客観的な判断をしづらいといった状況にあります。そこで、さまざまな職種の内情に精通しながら、豊富な転職斡旋実績のあるコンサルタントとマンツーマンで転職活動を進めていくことで、これまで思いもしなかった薬剤師としての自分のアピールポイントが見つかったり、新たな転職の方向性が示されたりすることも少なくありません。

履歴書や職務経歴書の書き方や添削、面接の日程調整や予行演習、内定後の給与条件や待遇などの交渉など、働きながら転職活動を行えるような数々の代行サービスがあることも魅力です。20代後半の転職は、それ以降の薬剤師としてのキャリアにも大きく影響を与えることになりますので、プロの助けを借りて慎重に行うようにしましょう。

薬剤師のキャリアアップ転職なら、このエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式ページへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式ページへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式ページへ