薬剤師のキャリアアップの秘訣

薬剤師のキャリアアップの秘訣

薬剤師としてキャリアアップをするにはいくつかの方法があります。まずなによりも、「どういう目的でキャリアアップをしたいのか」をはっきりさせましょう。調剤薬局においては、一般の薬剤師だけでなく、指導薬剤師や管理薬剤師というポストがあります。仕事の内容としては、指導薬剤師が調剤を行いながら部下の教育を行うポストであるのに対し、管理薬剤師は調剤を行わず、薬剤師をマネジメントする、いわば管理職となります。つまり、キャリアアップという言葉で薬剤師としてのスキルアップを目的としている人にとっては、管理薬剤師になることは本人にとって望ましいことではない場合があります。具体的な目的をはっきりさせておくことで、薬剤師としてのキャリアアップにおけるミスマッチを防ぐことができます。

薬剤師のキャリアアップで一般的なのが、勤務する職場を変えてみるという方法です。調剤薬局は大病院やクリニックの周りにあることが多く、いわゆる「門前」で営業を行っています。そのため、病院やクリニックの診療科目に特化した科目を専門に扱っており、内科の門前の薬局の処方箋は内科のものに限られます。そこで、内科の調剤を自分なりにマスターできたと思えるようになったら、次は耳鼻咽喉科の処方箋を専門に扱う薬局に転職する、などといった形でキャリアアップが図られます。

また、日本薬剤師研修センターの発足した認定薬剤師や専門薬剤師の資格を取得することも、キャリアアップにつながります。さまざまな種類の資格が提供されており、無期限で保持することのできる薬剤師資格とは異なり、定期的に更新をしないと失効してしまう資格です。常に医薬品に関する最新の情報をチェックする必要がありますので、これらの資格を持っているということで、その人の薬剤師としての信頼度が高まり、昇給のきっかけや転職の際のセールスポイントにもなります。

製薬会社に転職をすることでのキャリアアップを考えている薬剤師であれば、英語を中心とした語学力を身につけることも効果的です。日本には外資系の製薬会社が多く進出していますので、医療品の知識に加えて語学力を身につけていることによって、転職の際に優位に立つことができるようになります。

いずれの方法においても、まずは薬剤師としての自分のキャリアパスをどう描くか、が前提となります。転職に際しては薬剤師業界に精通した転職エージェントに相談するなどして、客観的な視点も取り入れるといいでしょう。

薬剤師のキャリアアップ転職なら、このエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式ページへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式ページへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式ページへ