薬剤師のキャリアアップ転職について

転職して薬剤師のキャリアアップをしよう!

薬剤師としてキャリアアップをするためには、転職することは一つの有効な方法です。一昔前までは、転職するということに対してネガティブな印象を持つ人が少なくありませんでしたが、終身雇用システムに対する信頼も薄れてきている昨今では、自分のスキルをより生かすために転職をする、というより積極的でポジティブな印象が増えてきています。

調剤薬局に勤務している薬剤師の方が多いと思いますが、一般的に調剤薬局は「門前」と言われる、大病院やクリニックなどの医療機関の周辺に集まっています。それら医療機関の患者さまをターゲットに業務を進めていきますので、当然ながら取り扱う処方箋も医療機関の診療科目に沿ったものとなります。総合病院のような大病院の門前薬局であれば、さまざまな処方箋を取り扱いますが、内科や耳鼻咽喉科など、より専門性の高い医療機関の門前の薬局では、取り扱う処方箋も限定されてしまいます。薬剤師のキャリアアップのためには、より多くの診療科目の処方箋を扱った経験があるかも大切な要素の一つです。つまり、転職することによって、これまで取り扱ったことのない科目の処方箋を扱えるようになるのです。

薬剤師としての勤務歴が長いからといって、それだけ知識が豊富というわけではありません。上に見たように、一つの薬局だけで長く勤務をしていることで、知識が限定的なものになってしまう場合もあるのです。未経験な分野に対しての興味があり、キャリアアップに対する熱意のある薬剤師であれば、転職をすることでよりステップアップすることができるようになるでしょう。転職を一つの修行としてとらえることが大切です。

実際に転職活動を行うためには、まず自分の目的がしっかりしていることが前提ですが、転職先の候補を探し出したり、履歴書や職務経歴書を作成したり、実際に応募をして面接の日程を調整したり、もし結果がうまくいくようであれば、今度は給与などの待遇・条件を先方と調整したり、と実にさまざまな手順をこなしていかなければなりません。手間はもちろんのこと、書類の書き方などにはスキルやコツがありますので、できればプロの目を通したいところです。

毎日忙しく働いている現職の薬剤師の転職活動を強力にサポートするのが、プロの集団である転職エージェントです。豊富な求人情報を持っていることはもちろんのこと、面接官に好印象を与えるための書類の作成方法や面接のノウハウ、日程や条件などの調整も本人に代わって行ってくれるなど、頼りになるサービスがいろいろとそろっています。

<薬剤師のキャリアアップ転職の関連情報>
・薬剤師キャリアアップ転職に失敗しないために
・薬剤師キャリアアップ転職の志望動機
・薬剤師のキャリアアップ転職の体験談
・薬剤師がキャリアアップ転職するときの転職理由
・薬剤師キャリアアップ転職するときの履歴書
・製薬会社勤務から病院薬剤師へ転職
・調剤薬局勤務からドラッグストア店長へ転職
・病院勤務から調剤薬局へ転職
・中小調剤薬局から大手調剤薬局へ転職
・ドラッグストア勤務から製薬会社へ転職

薬剤師のキャリアアップ転職なら、このエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式ページへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式ページへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式ページへ