ドラッグストア勤務から製薬会社へ転職

ドラッグストア勤務から製薬会社へ転職

薬剤師の職場としては、病院・調剤薬局・ドラッグストアなどがありますが、製薬会社など新薬の開発・研究業務をする仕事もあります。ドラッグストア勤務をしていたけど薬学部を卒業して薬剤師になったのだから、新薬の開発などに携わった仕事をしたいと転職を検討する方もいます。では、実際にドラッグストア勤務から製薬会社へ転職することは可能なのでしょうか?

可能性的にはゼロではありませんが、基本的に製薬会社では新卒採用が多くて、中途採用に関しては経験者が採用対象になるケースが多いのです。また製薬会社から出される薬剤師の中途採用の求人募集は数か少なく希少求人となります。その為ドラッグストア勤務の方が製薬会社の正社員として採用される可能性は非常に低く、狭き門と考えられるのです。ただ、製薬会社には多くの派遣社員が勤務しているので、派遣社員として製薬会社における業務の経験と実績を積んでから、製薬会社へ転職するという方法もひとつの手段としてあります。また、派遣社員として勤務する段階で高く評価されることにより、正社員として転職できる可能性もあります。ドラッグストア勤務から製薬会社へ転職を考えるのなら、製薬会社の薬剤師求人を探して直接応募するのも良いですが、派遣社員といった段階を経て挑戦することも検討してみるのも良いです。

ただ、ドラッグストア勤務から製薬会社へ転職を検討する際に、考えておくべことがあります。製薬会社における薬剤師の仕事は、先に述べたよう新薬の開発・研究業務があって、花形業務で人気のある仕事ですが、すぐに結果が出るものではないので長期間業務に携わることになります。その為、特に女性薬剤師の場合には出産や育児という面を考える必要があって、産休や育児休暇後にスムーズな復帰が可能なのかを判断する必要があります。これは単に制度の充実だけでなく、職場の雰囲気や周囲の理解などが関係してくるので、転職するのならしっかりと調べておく必要があります。

また、その他にも薬の販売業務なども薬剤師の仕事としてありますが、いずれの業務においても残業や出張などが多くなる可能性が考えられます。ドラッグストア勤務も残業が多く夜遅い時間まで働くこともありますが、ある程度勤務時間が決まっているので生活に大きな負担が発生することは少ないです。しかし製薬会社の場合は、なかなか予定が明確にならないことが多く、仕事と生活のバランスが崩れてしまう可能性もあります。このような可能性も考えられることを理解して、ドラッグストア勤務から製薬会社への転職を検討することも大切です。

薬剤師のキャリアアップ転職なら、このエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式ページへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式ページへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式ページへ