病院勤務から調剤薬局へ転職

病院勤務から調剤薬局へ転職

病院における薬剤師の業務は、様々な種類の薬を扱う調剤・輸液のミキシング・入院患者に対する服薬指導・チーム医療への参加・各種カンファレンスなど、薬に関するプロとして仕事に携わります。そのような業務を行うことから大きなやりがいが感じられて、向上心の高い薬剤師にとっては気の職場となっています。ただ、そのように薬剤師として学べるメリットなどかあることから人材が確保しやすいために、ドラッグストアや調剤薬局と比較しても年収は低くて、薬剤師が活躍する職場の中では一番安いと言われています。

ちなみに病院薬剤師の年収は約300万円台からスタートして、平均年収は約400万円〜500万円程度と言われていて、夜勤がある病院なら夜勤手当がプラスされるので多少収入はアップします。このように収入面でのデメリットがあることから、5年程度病院で勤務して薬剤師としてのスキルがある程度身に付いたら、それを武器に調剤薬局に転職することを考える方もいます。また、その一方でさらに専門的な知識を身につけていくことを目的に、病院で勤務を続けるといった選択をする薬剤師もいて様々です。

それから病院薬剤師の業務は、常に時間に追われると共に、正確に仕事をこなしていなくてはならないので結構バードな仕事です。また夜勤がある病院では、シフト制で勤務するために年齢を重ねると体力的に辛いと感じることも少なくありません。それから、小さい子供を子育てしている薬剤師は、子育てと仕事の両立が難しいと感じることも多くて、病院勤務から調剤薬局へ転職を検討するケースもあるのです。

病院勤務から調剤薬局へ転職する場合は、先にも触れましたが病院における実務経験や知識・スキルなどから調剤薬局としては歓迎される人材になるので、給料アップなど高待遇で転職することも可能です。ただ調剤薬局と一口に言っても様々な職場があるので、病院勤務のキャリアを活かすのなら大学病院や総合病院の門前調剤薬局が良いです。また、最近では在宅医療に対して積極的に取り組んでいる調剤薬局もあって、在宅医療は病院薬剤師としての経験が活かせるので、そのような調剤薬局に転職するのもひとつの選択肢となります。

しかし、その一方で病院勤務から調剤薬局へ転職すると、人間関係で苦労するケースが多いと言われています。また、調剤薬局を取り巻く環境も変化していて、従来の業務内容や職場環境とは異なっていることも少なくありません。想像していた職場と違って後悔しすぐに転職といった状態にならないためにも、曖昧な感じで転職先を決めるのではなく、しっかりと調査し検討して決めることが大事です。

薬剤師のキャリアアップ転職なら、このエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式ページへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式ページへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式ページへ