薬剤師のキャリアアップ転職の志望動機

薬剤師キャリアアップ転職の志望動機

薬剤師のキャリアアップの方法として転職活動を行う際、履歴書や職務経歴書も当然ながら採用のための資料となりますので、きちんと記入されている必要があります。通った大学名やこれまでの職務経歴などは、事実に基づいて記入するだけですので難しいことはありませんが、志望動機については面接官も特に注意して読むところでもあり、何をどのように書くのかが大切です。

例えば、これまで勤務した調剤薬局で取り扱って来た処方箋の診療科目にはない、新しい分野に挑戦してみたい、薬剤師としての自分のスキルアップのために転職を行うのであれば、まずはそのことをアピールするようにしましょう。面接官としても、その人が勉強意欲にあふれた薬剤師であることが分かりますし、常に新しいことを吸収しようとしている、柔軟な人柄だろうと好印象を持ってくれます。

ただし、これだけでは十分とは言えません。自分の希望する診療科目の処方箋を取り扱っている調剤薬局は、周りを見渡してみると、そこだけではないからです。特に門前にある調剤薬局では、どこも同じような科目ばかりを取り扱っていますので、それだけでは「そこでなくてはだめ」というアピールにはなりません。実際のところ、転職先を探す際には、自宅から通いやすいか、給与条件はどうなっているか、残業や休日などの勤務環境はどうなっているか、など現実的な面について検討する場合がほとんどで、その調剤薬局でなければならないと考えることは、あまりないのではないでしょうか。

そのため、志望動機の欄に書かれている文章は、「自分は○○のような分野でもっと経験を積んでみたいと思った」など、抽象的なものになりがちです。ピンポイントでその薬局の志望動機を書くためには、実際に薬局に足を運んでみること。そして、お客としてそれぞれの薬剤師の働き方や患者さんとのコミュニケーションの取り方、特に患者さんからその薬局がどう愛されているのか、などに注目してみることで、自然とユニークな志望動機が見つかるものです。

その他にアピールできるポイントとしては、新卒の薬剤師と比較して、即戦力として働くことができるということです。「何がやりたいのか」を明確にするのはもちろんですが、「何をやれるのか」についても具体的な医薬品名などを列挙しながら明記しておくこと。この両者のバランスを取りながら志望動機をまとめましょう。さらに、最終的な仕上げとして、転職コンサルタントの客観的なチェックを受けることもお勧めします。

薬剤師のキャリアアップ転職なら、このエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式ページへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式ページへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式ページへ