薬剤師がキャリアアップ転職に失敗しないために

薬剤師キャリアアップ転職に失敗しないために

現在勤務している調剤薬局などにおいて、取り扱っている処方箋の分野が限定的であるために、スキルアップするには不十分だと感じている人は少なくないかもしれません。そこで、転職活動をして新しい職場環境へと飛び込むことで、キャリアアップを図る選択をする薬剤師が増えています。ただし、転職先を選ぶ際は、慎重になるにこしたことはありません。とにかく今の職場を出たい一心で転職活動を行うと、思わぬ失敗をすることもあります。後悔しないための転職には、何を心がければいいのでしょうか。

とある調剤薬局に勤務していた薬剤師の女性が、結婚を機に他県へと引っ越しをしました。そこで、引っ越し先の通いやすい場所にある調剤薬局へと面接へ。給与などの条件が満足できるもので、通勤にも便利、転職の面接を行ったエリアマネージャーも親しみやすく、転職を即決しました。ところが、勤務先の調剤薬局の管理薬剤師がまだ若く、リーダーシップが足りないこともあってチームワークもうまく運んでいませんでした。業務がスムーズに進まないため、結果として残業せざるを得なくなり、ハードワークが常態化して心身ともにまいってしまった、というケースがあります。

この場合は、アクセスと給与面などの条件、採用担当者の人柄だけで転職を決断してしまったことに失敗の原因があります。実際の店舗の雰囲気や労働環境は、店舗を見学してみたり、一定期間の実習をお願いしてみたりするなどしないと分からない場合がありますので、面倒だと思っても転職コンサルタントに相談してみるようにしましょう。

また、次のケースは、自分のスキルアップのために漢方薬局を志望していた若い薬剤師が、転職コンサルタントを通じて無事に転職することができた際に起こったことです。勤務をスタートしてみると、漢方に関する相談が少なく、漢方薬局とうたいながら美容部門を積極的に推進している企業であったため、結局やりたいことができず退職してしまいました。勤務先の業務種別だけにとらわれて、実際の業務内容の詳細について確認していなかったこと、自分のやりたいことと企業の理念がずれていることに気づかなかったこと、が原因です。

さらに、新しい分野でキャリアアップを図るべく、未経験歓迎の転職先に勤務したものの、研修制度や教育システムが整備されていなかったため、やむなく退職せざるを得なかった、といったケースもあります。転職にあたっては、専門のコンサルタントにアドバイスを仰ぐことはもちろんですが、思い込みで判断するのではなく、自分のやりたいこと、ゆずれないことをきちんと言葉で伝えることが大切です。

薬剤師のキャリアアップ転職なら、このエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式ページへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式ページへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式ページへ