製薬会社勤務から病院薬剤師へ転職

製薬会社勤務から病院薬剤師へ転職

製薬会社は、産休育休制度など福利厚生がしっかりしていますし、土日祝日が休みでお盆や正月休みなど長期休暇が取得できて、薬剤師が働き続けやすい職場環境が整っていると言われています。このように製薬会社は一般的に待遇がとても良くて恵まれていると考えられていますが、どんな仕事・職場にも悩みはあって、製薬会社に勤める薬剤師も転職を考えることはあるのです。転職を考える主な理由としては、研究・開発・営業・品質管理・学術など様々な仕事に携わりますが、その各部門で高度な専門性と責任が求められることがあります。また、残業や徹夜が続く激務な時期もあって、体力的にも精神的にも大きなストレスがかかって、結果うつ病を発症する寸前になる薬剤師もいるのです。

そこで、このようなストレスが多い製薬会社勤務から病院薬剤師勤務へ転職を考えるケースもあります。また、製薬会社勤務では患者と接する経験はできなくて、病院薬剤師として患者と接する仕事を経験してみたいと考える方もいます。そうした理由で製薬会社勤務から病院薬剤師へ転職を検討する人も少なくないのです。

ただし、製薬会社勤務から病院薬剤師へ転職を考える際に、何が転職によって変わるのかを知っておくことも大切です。転職により大きく変わるものは年収で、製薬会社勤務と同様の収入は転職先となる病院では期待できませんし、数百万円程度下がってしまうことは覚悟しなくてはなりません。また製薬会社から病院への転職は、求人情報を収集してしっかり検討することで可能ですが、病院から製薬会社への転職はなかなか簡単にはいかないものです。病院に転職すると製薬会社には戻れない可能性があるので、再度製薬会社に戻りたいと考えてもできないという覚悟を決めて転職を検討する必要があります。このように製薬会社勤務から病院薬剤師へ転職することで、デメリットになることがいくつかあるのです。

その一方で製薬会社から病院に転職することにより、薬剤師としてやりがいのある仕事ができて満足感が得られます。また勤務する病院によって違いますが、シフト制勤務で働く時間がある程度決まるので、仕事とプライベートの両立をしながら勤務することが可能になるといったメリットも得られるのです。製薬会社勤務から病院薬剤師へ転職を考えるのなら、転職によるメリット・デメリットを考慮する必要があります。また、それと共に転職は人生の分岐点になるので、自分が製薬会社勤務に向いているのか、病院薬剤師に向いているのかを、今一度じっくりと考えてみることも大事なことです。

薬剤師のキャリアアップ転職なら、このエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式ページへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式ページへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式ページへ