調剤薬局勤務からドラッグストア店長へ転職

調剤薬局勤務からドラッグストア店長へ転職

調剤薬局勤務からドラッグストア店長への転職を考える薬剤師もいますが、その最大の理由として考えられることは給与水準で、年収アップを目的とした理由です。現在勤務している調剤薬局で得られる年収や転職先となるドラッグストアによって違いはありますが、一般的なドラッグストアと調剤薬局の年収を参考にすると約100万円程度の年収アップが期待できます。さらに店長というポジションであれば年収は約700万円強期待できるので、調剤薬局に勤務していた時の年収から大幅にアップできる可能性もあるのです。

また調剤薬局からドラッグストアへ転職を考える理由として、年収の次に多いのが仕事内容です。調剤薬局の一般的な業務内容は調剤業務と服薬指導で、調剤薬局の大部分を占める門前薬局の場合なら、調剤する薬剤や服薬指導も大体同じようなものになります。その為、調剤薬局の業務はルーティーンワークになってしまうことが多くて、それが向いていない薬剤師にとっては仕事内容に不満を感じてしまうこともあるのです。そして、多彩な職務内容が経験できるドラッグストアの仕事が魅力的に感じて転職を考える結果につながります。

しかし、調剤薬局勤務からドラッグストア店長への転職を検討する際に注意したいのは、仕事内容の大きな変化に戸惑う可能性があるという点です。先に述べたように調剤薬局の仕事はルーティーンワークで、医師が処方した処方箋を調剤して服薬指導しながら患者に手渡しといった流れだけです。でもドラッグストアの店長の仕事内容となれば、店舗スタッフの教育やシフト管理、それからOTC医薬品の相談や案内、調剤薬局併設なら調剤業務などを行います。また、商品のレイアウト・POP作り・商品陳列・棚卸・清掃などの商品管理や店舗運営、レジ金の計算・伝票整理・売り上げデータの管理・マーケティングなどの売り上げ管理も担当業務になるのです。このように店舗運営やスタッフ管理など様々な職務をこなさなければならないので、業務内容の多さに戸惑って苦労する可能性もあります。

また、調剤薬局からドラッグストア店長に転職すると勤務時間が長くなって辛くなる可能性もあります。特に、最近では遅い時間まで営業するドラッグストアも増えてきていますし、中には24時間営業のドラッグストアも登場しているので、店長という立場上勤務時間が長くなってしまいます。それから土日祝日の営業をはじめ、年中無休というドラッグストアもあるので、肉体的にも精神的にもハードな職場になることも認識して転職を考える必要があります。

薬剤師のキャリアアップ転職なら、このエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式ページへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式ページへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式ページへ