薬剤師がキャリアアップ転職するときの履歴書

薬剤師キャリアアップ転職するときの履歴書

本当は人間関係や待遇面で不満があるけれど、表向きにそれを転職理由にする方はほとんどいません。それよりもキャリアアップなどの面接官に好印象を与えられるような理由を転職理由にされる方が多くいらっしゃいます。

転職活動をするためには、応募先に履歴書や職務経歴書を提出する必要がありますが、その書き方によっては面接官にマイナスイメージを与えることもあります。薬剤師や看護師といった現在需要が高い職業に関しては、どこも人手不足を補うために面接や履歴書をあまり重視しないで採用することもあります。しかしながら優良求人に関しては、応募者も多く集まると予想されますので、応募書類でふるいにかけられてしまうことがあります。履歴書は市販の物か、インターネットでダウンロードしたものを使用します。自分の文字に自信がない方は、手書きではなくパソコンを使って書いても問題ありません。大切なのは面接官がはっきりと読めるように履歴書を作成することです。

薬剤師の方は転職経験者が多いため、今までに複数回転職をされている方も少なくありません。履歴書には職歴欄がありますのでそこに今までの勤務先や勤続年数を正直に記載します。職歴に関しては記載する欄がそれほど多くはありませんので、職務経歴書を別で添付してそれぞれの職務の詳細を記載します。転職の回数が多くなると面接官が良い印象を持ってもらえないことがありますが、それぞれの転職ごとに適切な理由を述べられるようにしておきます。それぞれの職場で学んだことや経験を、職務経歴書にてアピールするのです。

免許や資格の欄も記載するのですが、当然ですが薬剤師資格の取得年月も忘れずに記載しておきます。最近は薬剤師に専門性を求める動きも目立っているため、認定や専門薬剤師の資格を持っている方は強みになりますので必ず履歴書に記載をしておきます。

志望理由についてもきちんと記載します。面接でも聞かれる可能性が高い部分ですから、適切な理由を考えて書く必要があります。その際に必ず応募した企業のことを調べた上で、それに関連する志望理由を書くことです。どこの企業でも使えるような志望理由を書いてしまうと、書類選考の際に落ちてしまうか、面接で突っ込まれてしまったときに受け答えができなくなってしまいます。

履歴書や職務経歴書の書き方がよくわからない、どうしてもうまく書けない時は、転職エージェントを利用してみましょう。転職エージェントでは、転職に関するあらゆるサポートを行ってくれますので、履歴書の書き方についても丁寧に指導してくれます。

薬剤師のキャリアアップ転職なら、このエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式ページへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式ページへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式ページへ