中小調剤薬局から大手調剤薬局へ転職

中小調剤薬局から大手調剤薬局へ転職

大手調剤薬局から中小調剤薬局に転職する方もいますし、その逆に中小調剤薬局から大手調剤薬局へ転職を希望する薬剤師もいます。特に中小調剤薬局から大手調剤薬局へ転職する場合には、中小調剤薬局のような自由さがなくなって、仕事の手順が決まっていることが多く窮屈に感じるといった声があることを知っておくと良いです。その為、そうした大手調剤薬局の仕事の仕方が煩わしいと感じてしまい転職を後悔する可能性もあるのです。しかし、その逆に医療過誤に対する対策や機器の充実で、気持ちの面・時間の面で負担が減少するのでメリットが大きいという声もあります。また、企業の教育面やシステム面の充実度に魅力を感じるといった喜びの声も良く耳にするので、転職を考えるのなら大手調剤薬局と中小調剤薬局のメリットとデメリットを理解しておく必要があります。

大手調剤薬局のメリットとしては、教育体制が整っている点や調剤機器・設備が最新の物が揃っていることが多いということがあります。また、調剤薬局のシステム化・IT化が進んでいることやしっかりしたキャリアプランがあるので安心して勤務できることもメリットとしてあります。それから、職場の人間関係で不具合が生じた場合でも店舗異動が可能な点もメリットになる場合があります。一方デメリットとしては、比較的ギリギリの人員で運営することが多く、その為に残業が多いですし、店舗間のヘルプが頻繁に起こる可能性があります。また、中小調剤薬局と比較して給料が少ない傾向にある点や、全国展開している関係から転勤があることも場合によってはデメリットとなります。それからイベントや社内行事があったり、勉強会の頻度が多かったりする点がデメリットに感じてしまう薬剤師もいます。

中小調剤薬局のメリットは、担当する業務・役割が大きくなるので、仕事に対する達成感や充実感を得て仕事ができる点です。また、異動が少なく地域に密着した勤務ができるので、働く環境として落ち着いている点もメリットになります。それから何といっても給与条件が良い場合が多いのは大きなメリットといえます。一方デメリットとしては、ひとりの業務量や責任が多くなる点や教育体制・情報共有体制が整っていない企業があるという点です。昔ながらの経営を続けているところが多いので、やり方などの変更がしにくい点がデメリットになることもあります。中小調剤薬局から大手調剤薬局へ転職するのなら、それぞれのメリットデメリットを理解して、何を重視するのか、また何を軸にするのかを一度じっくり考えてみると良いです。

薬剤師のキャリアアップ転職なら、このエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式ページへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式ページへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式ページへ