キャリアアップ向けの管理薬剤師求人をお探しの方へ

管理薬剤師へキャリアアップできる薬剤師求人を探す

管理薬剤師として働く場所はさまざまです。薬事法によって、医薬品の取り扱いや製造・販売を行う場所には管理薬剤師を置かなければならないことになっているからです。つまり、調剤薬局の経営は、薬剤師の資格がなくてもできますが、運営に当たっては、店舗に必ず管理薬剤師を配置しなければなりません。複数店舗持っているいる場合は、それだけ管理薬剤師が必要になってくるのです。

管理薬剤師は、調剤ができるのはもちろんのこと、加えて医薬品を適切に管理したり、すべての従業員の指導や管理を行わなければなりません。管理薬剤師になるための特別な資格はありませんが、医薬品に関する幅広い知識や取り扱い方法のノウハウ、従業員の管理についてのスキルなど、管理者として身につけておくべきことがありますので、バランス感覚に長けた人が向いているポストと言えるでしょう。

管理薬剤師になるためには、まず薬剤師としてある程度勤務する期間が必要になります。そののち、調剤薬局の経営者や人事担当者などから推薦を受けるなどして、管理薬剤師として昇級することになります。ただし、全国展開しているドラッグストアなどには薬剤師が1名しかいない場合が多く、各店舗に管理薬剤師を1名設置することが義務付けられていますので、本人の希望とは関係なく、管理薬剤師として勤務することになります。

薬剤師の求人を専門に取り扱う転職エージェントも増加傾向にあり、国家資格取得者としての薬剤師は売り手市場と言われています。その中でも、管理業務をメインで行う管理薬剤師は人気のあるポストとなっており、キャリアアップのために転職活動を行う薬剤師の目指す職種の一つにもなっています。ただし、転職エージェントのサイトなどで公開されている求人情報の中に、管理薬剤師の案件はあまり見られません。

医薬品に関する豊富な知識や経験、人材マネジメントや経営的センスの求められるポストでもありますので、転職エージェントとしても、応募者をある程度絞り込みたいという狙いがあるため、管理薬剤師の求人情報の多くは非公開とされています。それらの求人情報を閲覧するためには、まずは転職エージェントに登録し、簡単なヒアリングを受けることで、薬剤師としてのこれまでの経歴を伝える必要があります。

専任のコンサルタントが転職活動全般をサポートしてくれますので、希望する管理薬剤師のポジションが見つかった場合は、より具体的な業務内容や待遇などについて実際に調べてもらったり、面接日程の調整などをお願いしたりするといいでしょう。

薬剤師のキャリアアップ転職なら、このエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式ページへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式ページへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式ページへ