キャリアアップ向けの薬局長求人をお探しの方へ

薬局長へキャリアアップできる薬剤師求人を探す

薬剤師のキャリアアップの道の一つに、薬局長になるという方法があります。薬局長と似たポストに管理薬剤師がありますが、管理薬剤師は、店舗の管理や監督をし、他の薬剤師の監督も行うポストです。調剤薬局やドラッグストアには、必ず管理薬剤師を置くことが薬事法で定められています。一方、薬局長とは、いわば店舗の責任者であり、チェーン展開している調剤薬局やドラッグストアなどでは、本社や本部とのコミュニケーションを行ったり、パイプ役としての働きが求められたりします。

薬局長の日常業務としては、勤務している薬剤師一人ひとりのシフトを作成・調整するなどの勤怠管理、本社・本部への日々の報告業務、お客様とのトラブルなどへの対応、薬剤師への指導を始めとしたコミュニケーション、近隣にある医療機関とのネットワーク形成や情報交換など、実に多岐にわたります。その店舗のトップとして、責任感を持って仕事を行う心構えが必要になりますので、チームをまとめることが得意な人や、リーダーシップを発揮できる人に向いたポストと言えるでしょう。

薬局長になるためには、まずは薬剤師として十分な経験を積む必要があります。取り扱っている医薬品に関しての知識を蓄積するだけでなく、人材マネジメントについての勉強をしたり、それなりの経験を積んでおいたりするようにしましょう。管理薬剤師として勤務した経験があればなおさらです。ただし、薬剤師の少ない薬局やドラッグストアなどにおいては、若いうちから薬局長や管理薬剤師などの責任のあるポストを任せてくれる場合もあります。いずれのケースにおいても、経営的なセンスやバランス感覚が必要になりますので、自分に向いているかどうかをきちんと分析してみておくといいでしょう。

薬剤師の多い調剤薬局や大手チェーンの薬局で働いている場合、特に経験の少ない薬剤師であれば、なかなか薬局長になるチャンスが巡ってこないこともあります。キャリアアップへの志が高く、やる気のある人であれば、転職エージェントを利用するという方法もあります。薬剤師専門の転職エージェントがいろいろありますので、まずは登録して、専任のコンサルタントに相談するといいでしょう。薬局長などの人気のあるポストは、一般に求人情報が公開されていないことが多く、コンサルタントとの話し合いの中で、いろいろ紹介してもらう形になります。業界に精通したプロの目による客観的な意見を聞くこともできますので、キャリアアップを目指している人は、利用してみることをお勧めします。

薬剤師のキャリアアップ転職なら、このエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式ページへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式ページへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式ページへ