キャリアアップ向けのドラッグストア店長の薬剤師求人をお探しの方へ

店長へキャリアアップできる薬剤師求人を探す

ドラッグストアの店長になるためには、薬剤師としていろいろと経験しなければなりません。一般的な調剤薬局や病院の薬剤室、製薬会社の開発室などとは異なり、ドラッグストアでは医薬品だけでなく、食品や日用品など、実にさまざまな商品が販売されています。ドラッグストアで働く薬剤師であっても、調剤業務だけでなく、食品や日用品の発注や補充を行ったり、DTPの受け付けをしたり、OTCの一環としてお客さまとの簡単な雑談の相手も務めたりなど、薬剤師としてのキャリアだけでは経験のできない幅広いことを行います。

薬剤師がドラッグストアの店長になるモデルケースとしては、調剤室を併設したドラッグストアに薬剤師として勤務し、調剤を行いながらOTCも行いながら、数年の経験ののちに店長となる場合が多いようです。店長はお店のリーダーですので、本社や本部の方針を自分の店に取り入れながら、「人・モノ・お金」という経営資源を最大限に活用してマネジメントを行わなければなりません。店長として、朝に朝礼を行ったり、売り場のメンテナンスや発注・精算業務、スタッフの指導やシフト作成、本社・本部に報告する書類の作成、そして薬剤師として調剤業務を行ったり、一日をフルに使って仕事を行います。

すでにドラッグストアで薬剤師や管理薬剤師として働いている人であれば、店長として行わなければならに仕事についての知識があったりしますので、店長としてのキャリアアップを目指す際には有利に働くでしょう。一方、これまで病院や調剤薬局、製薬会社で薬剤師のみとして勤務をしてきた人にとっては、ドラッグストア業界へ転職する際、働き方に対する意識を柔軟にするよう心構えが必要になります。

ドラッグストアの店長の求人情報を探すには、インターネットの転職エージェントの利用がお勧めです。人材紹介サービス大手各社が薬剤師のための転職サイトを運営していますし、何よりも個人のレベルでは知ることのできない、業界の内情を知るためのコンテンツや、希望の企業の実際の労働環境をリサーチしてくれるなど、効率的に転職活動を行うためのサポートツールが充実しています。登録後には専任のキャリアコンサルタントがつきますので、疑問に思っていることや不安に思っていることなど、なんでも相談することができますので、精神的にも落ち着いて転職活動が行えるようになります。エージェントの利用は無料ですし、薬剤師としてのキャリアパスをより明確にすることができますので、ぜひ利用してみてください。

薬剤師のキャリアアップ転職なら、このエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式ページへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式ページへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式ページへ