ドラッグストアで働く薬剤師のキャリアアップ

ドラッグストアで働く薬剤師のキャリアアップ

ドラッグストアで働く薬剤師の業務には、調剤業務のみを行う場合やOTC販売を行う場合、そして調剤業務とOTC販売の両方を行う場合の3種類があります。一般的な薬剤師は医師の作成した処方箋にもとづいて調剤業務を行うものですが、OTC販売においては処方箋がありません。まずは患者さんの症状をヒアリングし、一番適切に思われる商品を推奨することになります。その際、適正に服用するための指導を行うことも大切な業務の一つです。

OTC販売業務には商品の適切な管理も含まれています。医薬品の在庫管理や発注業務、商品の出し入れなど、店舗の運営に必要な業務をサポートする必要があります。また、調剤室を併設したドラッグストアも増えていますので、そういった店舗においては一般的な調剤薬局と同様の調剤業務を行います。最近では、在宅医療サービスを提供するドラッグストアも増えていますので、さらに幅広い業務を行うことができるのもドラッグストア勤務のメリットです。

ドラッグストア勤務の薬剤師のキャリアアップとしては、勤務先のドラッグストアの店長になるという道があります。ただし、ドラッグストアの店長は店舗の売上げやコストを管理したり、アルバイトを含めたスタッフのマネジメントや求人募集などの人材管理、販売している食料品などを含めたすべての商品の発注仕入れ管理をしたりするなど、あらゆる業務をコントロールしなければならない責務が発生します。いわゆるセールス業界での知識が求められるといったこともあり、医薬品などに関する知識や経験だけではカバーしきれない場合もあるため、薬剤師上がりで店長をつとめるのはハードルが高いとも言えます。大手チェーンのドラッグストアであれば、本社で企画や経営に携わる機会もありますので、やる気次第でいろいろなキャリアアップの道を選ぶことができます。

現在の職場を退職して、別のドラッグストアや調剤薬局への転職をすることによるキャリアアップもあります。その際は、専門の転職コンサルタントのいる転職エージェントを利用するといいでしょう。薬剤師専門の転職エージェントなら、業界の動向にも精通していますし、ドラッグストア業界だけでなく、病院や調剤薬局、製薬会社など、幅広い業態の内実にも通じています。一人では思いもつかなかったキャリアアップの方法が提案されることもありますので、まずは転職エージェントに登録して、自分のキャリアを見つめ直す機会を設けてみてはいかがでしょうか。

薬剤師のキャリアアップ転職なら、このエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式ページへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式ページへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式ページへ