病院で働く薬剤師のキャリアアップ

病院で働く薬剤師のキャリアアップ

病院に勤める薬剤師によく言われているのが、調剤薬局やドラッグストアの薬剤師と比べて、給与水準が若干低いということです。その分、福利厚生が充実しているという特徴もありますが、昇給のためにキャリアアップを行いたいという人であれば、病院以外の施設への転職を検討するのも一つの方法とも言えますが、同じ病院であっても、国立病院に勤務している薬剤師は公務員ですので、賞与が規定通りに支給されたり、残業代もきちんと支払われたりするなど、病院の中でも人気があります。また、都市部と地方の病院を比較した場合、地方の病院の方が給料がより高い傾向もあるようですが、それとは引き換えに、こなさなければならない業務の量が多いというデメリットがある場合もあります。

同じ病院内でのキャリアアップを目指すためには、薬剤部長になるという道もあります。ただし、薬剤部長になるためには、大学で博士号を取得していることが前提となるケースがほとんどです。もし学位を持っていないのであれば、勤務を行いながら博士号を取得する、社会人ドクター制度を利用することです。職場に迷惑をかけないで行う必要がありますので、この制度を利用する際は一度職場に相談するようにしましょう。

病院以外に転職することでキャリアアップを行いたい場合は、製薬会社がお勧めです。製薬会社での薬剤師の働き方には、医薬情報を担当するMRがありますので、医薬品に関する知識や、医師や看護師など他部署のスタッフと培ったコミュニケーションスキルを生かすことができます。また、製薬会社にはMR以外にも薬剤師のためのポストが用意されています。それが、MRスタッフに医薬品に関する知識を教えたり、医師や薬剤師とのコミュニケーションに関するコツを伝えたり、電話によるカスタマーサポートを提供したりする仕事です。

他にも、調剤薬局やドラッグストアに転職する方法もあります。一般的にこれらの施設での給与体系は病院のものよりも比較的高いと言われていますし、管理薬剤師を目指すことで、より高給にもなります。最近では、在宅医療が注目されていますが、薬局やドラッグストアでもこのサービスを提供しているところが増えています。在宅医療においては、抗がん剤の調剤を行ったり、チーム医療に参加したり、高度な知識や経験が必要とされたりしますので、病院での勤務の経験のある薬剤師に最適な働き方の一つと言えるかもしれません。

薬剤師のキャリアアップ転職なら、このエージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
リクナビ薬剤師の公式ページへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
エムスリーキャリアの公式ページへ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
マイナビ薬剤師の公式ページへ